YUNO Interior Design

blog

新築住宅のお打合せへ。そして、建築中に忘れがちな3つの事。

ブログ 2019.08.30

インテリアパース

 

昨日は、新築住宅ご建築中のお客様とのお打合せ。

ハウスメーカーに、インテリアコーディネーターさんがいらっしゃるとの事ですが、

インテリアの相談をしたい、とご依頼頂きました。有難い♫

建材(床・建具)カラーの選び方、収納計画、造作、壁紙、照明…。

3時間近いお打合せも、楽しくて楽しくて、あっと言う間の時間でした☆

 

現在、私のお仕事の多くは、新築住宅のインテリアコーディネートです。

ご新築建築中、意外と忘れがちだったり、後にしがちな事、

そして、それらの事に対して、私がお話させてもらっている事。

いくつかpick upして、シェアさせてもらいます。

 

 

 

■『収納は、この位で足りると思いますか?』というご質問。


新しいお家では、“スッキリと暮らしたい”、“床に物を置きたくない”、そう思われる方も多いと思います。

その収納が足りるかどうか心配で、収納スペースを広げたり、追加したり…。

現在持っている物を、新しいお家の収納スペースのどこに収納するか、

一度全て洗い出して見るといいと思います。

収納のサイズの幅や奥行きも、メジャーを当ててイメージしながら。

「意外と収納スペース広い!」「こんなに奥行きがあったんだ!」「これじゃ、完全に足りない」などなど。

適正量・適正場所の収納を。

 

 

■『意外と忘れがち!固定電話・PCルーター類・神棚の場所』


間取りやインテリアを考えている時、意外と忘れがちな3つ。

最近は、固定電話を置かれる方は、かなり少なくなってきました。

ですが、PCルーター類を置く場所、神棚を設置する場所など、

後々になって、“ここしかないね(汗)”とならない様に、頭の片隅に置いておくといいと思います。

PC関係は、収納の中に入れるのが、最近は多い気がします。

 

 

■子供部屋のレイアウト


メインのフロア(1Fである事が多い)の間取りやインテリアに集中し、

2Fや子供部屋の事まで、気が向かなくなってしまう事も多いかと。

子供部屋は、他のお部屋に比べて、コンパクトな作りな事が多いです。

部屋の入り口、クローゼットの扉、窓などがあり、家具レイアウトに悩む事も多いです。

いざ暮らしてみて、「家具置けない!」なんて事も。

少なくとも、ベッドと机をどこへ置くかは、予め検討されるといいと思います。

それに伴い、コンセントやTV配線もイメージしておくとgoodかと。

 

 

挙げ始めたら、エンドレスになりそうなので、この辺りで。

マイホーム建築中、リフォーム予定の方など、ご参考になれば幸いです。

 

■インテリアコーディネートのご相談は、【こちら】

■インテリアコーディネートの実例は、【こちら】

    • 過去ブログはこちら