YUNO Interior Design

blog

タイル床が素敵なダイニングキッチンをデザイン!そして、タイル床のメリット・デメリット。

ブログ 2020.02.08

 

 

この写真、何だと思いますか?

問うまでもなく、『タイル!!』という答えが聞こえてきそうです(汗)“タイル”というと、玄関やデッキ等、屋外に使用するイメージが強いと思います。しかしながら、冒頭の写真のタイルは、全て室内床用タイルのサンプルです。室内に施工されたタイル床は、とても美しく、機能的!デメリットをご説明した上で、ご興味を示してくださる方には、好んでご提案させていただいています。

 

 

■タイル床のメリット


床をタイルで施工するメリットとしては、下記が考えられると思います。

・お掃除がしやすい (目地は除く)。

・水はねなどにも強く、キッチンなどに向いている。

・タイルは熱伝導や蓄熱力が高い為、床暖房や床下暖房に向いている。

・高級感、重厚感、インテリア性の高さ。

 

 

■タイル床のデメリット


床をタイルで施工するデメリットとしては、下記が考えられると思います。

・冷たい。夏は良いが、冬は対策が必要。

→床暖、床下暖房を入れる。出来ない場合は、コンセントを近くに設け、ホットカーペットや暖房機器で対応。

・硬い。食器を落としたら、確実に割ると思います。また、長時間立って作業すると疲れやすい場合も。

→ラグをしく。そこの厚いスリッパを履くなどで対応。

・タイルの目地は、お掃除しにくいと思います。

→汚れが落ちやすい目地材や、濃い色の目地材を使うなどの工夫が必要。

 

 

■デメリットを工夫してでも使いたいタイル


冒頭の写真のタイルサンプル。ダイニングキッチンに施工予定です。壁やドアなどの色味と合わせるため、各メーカー様から、サンプルをお送りいただきました。今回は、この様な感じで、キッチンとダイニングの床材として、施工を考えています↓

画像出典:Panasonic

 

モダンでシックなダイニングキッチンをデザインします!また、完成しましたら、ブログやホームページでご紹介したいと思います。タイル床を考えている方、少しでも参考になれば幸いです♬

 

 



【インテリアのご相談に関して】

■業務内容 & 料金

ご相談メニューと目安となる料金は、下記ページでご覧いただけます。内容によって異なりますので、目安としてご覧下さい。【業務内容 & 料金】ページへ

■実例紹介

過去の実例をご紹介しています。ご覧下さいませ。【実例紹介】ページへ

■お問合せ

まずは、お気軽にお問合せ下さいませ。【お問い合せ】ページへ



 

    • 過去ブログはこちら