YUNO Interior Design

blog

採用が増えてきた左官壁。個人的には、120%でお勧めしますw

ブログ 2020.03.31

左官 塗り壁

 

 

これは、塗り壁のサンプルです。メーカーさんの多くは、色やパターン(柄)を指定すると、サンプルを作ってくださいます。枚数や内容によっては有償となり、時間が掛かる事もありますが、有償でも作ってもらい、実物を確認する事が大切だと思います。わたしも、某物件用に10枚近くサンプルをお願いしました。有償でしたが、カタログで見るのと、サンプルで見るのとでは大違い!百聞は一見にしかず、です。

 

現在、住宅の壁仕上げは、ビニールクロスがほとんどです。安価・色柄豊富・張り替え易い(価格・工期)・物によっては耐久性がある・空間が映えやすいw。ですが、この頃は別荘だけではなく、若いご夫婦のお家などでも、左官壁(=塗り壁)が採用される事も増えてきた様に感じます。また、自身の周りで建築に携わる方のお家を伺うと、左官壁で仕上げたお家が多い事にも気づきます。どの材料が良くて、どの材料が悪い、という話はありません。好み・用途・予算の話だと思います。全ての材料に強みと弱みがあります。

 

ですが、もし質問をされたとするならば、120%の力で『左官壁』をお勧めします!コストの高さ・(暮らしの中での)扱いにくさを加味しても、120%の力で『左官壁』をお勧めします(笑) 凛とした空気感、空間の奥行感、壁が違うだけで、ここまで違うのか!と感じさせられます。全てを左官壁にしなくても良いと思います。LDKだけ、天井は壁紙で左官は壁だけ、など。少し取り入れて見るだけでも、空間がクラスアップされると思います。

 

左官壁をモダンに、スタイリッシュにご提案致します。ご興味ある方は、ぜひ。

 

 



■業務内容 & 料金

ご相談メニューと目安となる料金は、下記ページでご覧いただけます。内容によって異なりますので、目安としてご覧下さい。【業務内容 & 料金】ページへ

■実例紹介

過去の実例をご紹介しています。ご覧下さいませ。【実例紹介】ページへ

■お問合せ

まずは、お気軽にお問合せ下さいませ。【お問い合せ】ページへ



 

    • 過去ブログはこちら