YUNO Interior Design

blog

あると便利!! 『スツール』の便利な3つの使い方。

ブログ 2019.02.21

今日は、“スツール”のお話。

私の実例写真を見ていて気づいたのですが、

形は違えど、全ての物件にあるのが“スツール”。

 

“座るため”なのはもちろん、

ディスプレイスペースにしたり、

空間のアクセントにしたり、

オットマンにしたり…。

取り入れやすく、応用も効く“スツール”。

そのオススメな使い方をご紹介します。

 

 

 

■座る


LDK インテリア

 

 

洗面所 インテリア

本来の使い方、“座る”。

カウンタースペースに置いたり、

キッチンの一角に置いて、台所仕事の間に一息ついたり。

脱衣室に置いて、お風呂上がりに一息ついたり、

お子様を座らせて、着替えさせたり。

 

 

 

■オットマン


LDK インテリア

写真手前にある、丸い物体=ニットプフ。

ソファに座った際に足を乗せる、オットマンとして使ったり、

大人数でソファに座りきれない時に、プフに座ったり。

色々な使い方ができます。

 

 

バリ風リラクゼーションサロンのインテリアコーディネート

写真右側の1人掛ソファの前にある、スツール。

こちらも、ソファに腰掛けた際のオットマンとしたり、

1脚のスツールとして腰掛けることもできます。

 

 

■飾る


リビングルームのインテリアコーディネート

写真左側の、木製スツール。

お部屋のコーナーに置き、植物を置いたり、

季節の飾りを置いたり。

ディスプレイコーナーとしても使えます。

 

 

お値段も、お手頃なものからあります。

小さいので、あまり場所も取りません。

それでいて、とても便利なスツール。

お気に入りの1脚を探してみてはいかがですか?

 

もちろん、スツールを盛り込んだコーディネートも致します♡

■インテリアコーディネートのご相談は、【こちら】

■料金・サービスに関しては、【こちら】

    • 過去ブログはこちら