YUNO Interior Design

columns

【コラム5】楽しいパーティーインテリアを作る、6つのコツ。

コラム 2019.09.10

恐竜インテリア

 

 

今年の夏、子供が4歳の誕生日を迎えました。

(インテリア実例:『恐竜島のおかしなパーティー』)

今、彼が夢中な“恐竜”をテーマに、誕生日パーティーを計画しました。彼の誕生日を祝う事はもちろん、ゲストにも、ちょっとした“非日常”を味わって欲しくて。非日常を感じ、ちょっと気分が上がる、パーティーインテリア。そんな一晩限りのインテリア作りのコツをご紹介します。

 

 

■コンセプト作り


全ては、ここから始ります。

どんなパーティーにしたいか、どんなテーマにするのか、誰を呼ぶのか、どんな時間を過ごしたいのか…。“恐竜”、“〇〇ライダー”、“プリンセス”…、これだけではコンセプトとしては弱いと思います。物語を語るように、絵本を読むように、“ストーリー”があると楽しくなると思います。そんなに難しく考えずに、気軽に、思いつきも大切。今回の『恐竜島のおかしなパーティー』のコンセプトは、こんな感じでした。

 

恐竜が、その頂点に君臨していた、ジュラ紀。

そんなジュラ紀へタイムスリップした、恐竜好きのキャプテンとその仲間達。鬱蒼と木々が生い茂る中、テーブルを囲み、キャプテンの誕生日を祝い、遅くまで楽しい声が響く夜。頭上には、キャプテンの誕生日を祝うかの様に集まった、2匹のステラノドン。楽しい夜を過ごし、キャプテンの新たな航海が、また始まる。

 

 

■コンセプトに沿ったテーマカラーを決める


恐竜 パーティー インテリア

 

コンセプトに沿って、テーマカラーを決めます。

色々な色を使う事も良いと思いますが、テーマに沿って2〜3色でまとめると、まとまり易いと思います。今回のテーマカラーは、“緑”と“青”。その中でも、淡いグリーン、深いグリーン、淡いブルー、深いブルーを使い、インテリアを作っていきます。

 

 

■天井を飾り付ける


恐竜 インテリア 誕生日

 

壁を飾り付けるのも良いと思いますが、オススメなのは天井。

天井に色のあるものを飾ったり、飾りで少し低くしたりすると、一気に、“非日常感” “いつもと違う!感”が出ると思います。今回は、クレープストリーマー(ペーパーストリーマー)と呼ばれる、帯状の紙で出来た装飾テープを使いました。まず、部屋の両側に、端から端までロープをはります。そこに、クレープストリーマーを引っ掛けていきます。滑ってしまうので、ホッチキスなどで留めると良いと思います。鬱蒼と茂る木々の下のパーティー、というイメージでしたので、クレープストリーマーの端の長さも揃えずに、ラフに。クレープストリーマーをねじってクルクルさせたり、たわみ方を変えたり。楽天等で気軽に買え、金額もお手頃です。

 

また、モビール等の飾りを天井から下げてみるのも面白いと思います。今回は、ステラノドンの骨格模型を凧糸で吊るしています。それぞれのコンセプトに合ったアイテムを飾ってみると、より楽しいインテリアになると思います。

 

 

■テーブルクロスを使ってみる。


テーブルコーディネート パーティーインテリア

 

日常生活では、中々使う事が少ないテーブルクロス。

ランチョンマットも手軽で使いやすいですが、パーティーインテリアには、テーブルクロスが断然おすすめです。テーブルクロスを使うことによって、フォーマル感・パーティー感・レストラン感がでます。自身もそうですが、来てるれるゲストも、いつもと違う雰囲気に、楽しんでくれる事と思います。今回は、洗濯可能なカーテン生地を3メートル分注文しました。カーテン生地は、色・柄も多く、イメージに合うものを見つけ易いと思います。また、1m〜など、必要な分だけオーダーできるのも嬉しいポイントです。

 

 

■お品書き・ウェルカムカード


恐竜 パーティー

 

恐竜 パーティー テーブルコーディネート

 

今回のパーティーで、ゲストに一番喜ばれたのが、この“お品書き&ウェルカムカード”。ゲスト一人一人のお名前、来てくれた事へのありがとうメッセージ、そして今日のお料理リスト。お料理の名前も、“キャプテン特製スペアリブ”、“ジュラシックカップケーキ”など、楽しくネーミングすると、「次は、どんなのが出てくるのだろう??」と楽しみにしてくれます。

 

 

■+αの準備


コンセプトに合ったBGMを掛けてみたり、コンセプトに合った映画のDVDを借りてきてテレビで流してみたり。また、早く食事が終わった子供たち用に、遊びやアクティビティを用意してみたり。“飾り付け”+“お料理”+“ちょっとしたアクティビティ”を掛け合わせると、より皆んなが飽きずに、楽しく過ごせるパーティーになるのかなぁ、と思います。

 

 

これから、秋〜冬にかけて、人が集まる機会が増えると思います。今回のコツ全てをやっても良いと思いますし、どれか一つを試してみてもいいと思います。面倒臭がらずに、是非。一番楽しいのは、準備する人だったりします♫みなさんの、楽しい時間の参考になれば幸いです!