YUNO Interior Design

columns

【コラム1】照明で変わるインテリア

コラム 2018.10.27

■■あかりの“色”■■


照明の光の色に、違いがあるのは、

皆さんもご存知かと思います。

 

昔ながらの白熱灯は、

オレンジ色の光の電球色】

 

オフィスや学校などは、

白っぽい光の昼白色】が多いですね。

 

そして、近年多く見られるのが、

中間の【温白色】

 

光の色は、好みで選ぶ事も大切ですが、

その用途や特性で選ぶのも効果的です。

 

照明や明かりの色の違いを表した表

https://sumai.panasonic.jp/catalog/lighting.html

 

 

 

■■あかりの“選び方”■■


電球色のメリット】

□焚き火や夕日の色に近く、本能的にリラックス出来る。

□温かみのある色で、夕食時間・寛ぎ時間を演出してくれる。

□電球色は、食事を美味しく演出する色。

□就寝前に電球色のあかりで過ごすと、リラックスして眠りにつける。

 

電球色のデメリット】
□昼白色に比べ、暗く感じる。

□書き物、勉強、細かい作業には、あまり適さない。

□夏場は、暑苦しく感じてしまう事もある。

 

電球色がオススメの場所】

□寝室

□(夕方以降の)リビング・ダイニング

□書斎 etc…

 

 

昼白色のメリット】

□明るく、くっきりと照らしてくれるので、作業や勉強する際に良い。

□涼しげな色で、電球色に比べて暑苦しさを感じない。

□集中力は、昼白色の方が高まりやすい。

 

昼白色のデメリット】

□白い光は、昼間の“活動”の光。リラックスしづらい。

□リラックスしづらい色のため、安眠効果が比較的低い。

 

昼白色がオススメの場所】

□キッチン

□(昼間の)リビング・ダイニング

□(書斎や勉強スペースの)手元灯 etc…

 

 

温白色は、電球色と昼白色の間の色の為、
明るさを確保し、“青白いオフィスの明かり”にならず、近年人気の色です。
よりリラックスしたムードを作りたい場合には、少し物足りなさを感じるかもしれません。

 

 

 

■■おすすめの照明器具■■


ダイニングは、食事をするだけでなく、

子供が勉強したり、新聞を読んだり、

家計簿をつけたり、様々に使うスペース。

明かりの色や、明るさが調整できる照明

が、用途に合せて使えて、オススメ。

 

ダイニングテーブルを照らすペンダントライト

https://sumai.panasonic.jp/catalog/lighting.html

 

光の色が変わる照明器具

https://sumai.panasonic.jp/catalog/lighting.html

 

 

 

リビング寝室に、オススメなのが、

コンセントに挿して使う、フロアスタンド

天井からだけではなく、床に近い低い位置に

あかりを置くことで、より落ち着き感、

くつろぎ感を味わうことができます。

手軽に、間接照明にもチャレンジできます。

ソファの裏を照らす間接照明

https://sumai.panasonic.jp/catalog/lighting.html

 

間接照明

https://sumai.panasonic.jp/catalog/lighting.html

 

 

 

引っ掛けシーリングに取り付けられる、

ダクトレールもオススメ。

ペンダント照明やスポットライトなど、

お好みのデザインの照明を取付け可能。

(ダクトレール用のペンダント照明や

スポットライトも、たくさん出ています。)

ダクトレール上であれば、

照明器具の位置を変えられたり、

明るさによって照明の数を調整できます。

ダイニングキッチンの照明

https://sumai.panasonic.jp/catalog/lighting.html

 

 

あかりで空間は、大きく変わります。
あかり、見直してみる価値ありますよ!