YUNO Interior Design

blog

人気の”ビニル系床タイル”。メリットとデメリットを纏めてみました。

ブログ 2019.05.15

東リ フロアタイル

 

サンプルや商品など、運送会社さんに届けて貰う事が多い、この仕事。

運送会社さんの配達時走行距離のうち、25%は再配達に費やされている、

というデータもあるそうです。1/4です。結構な量。

再配達に伴うCo2発生量、労働時間も、かなりの量だそうです。

なおさら、1回で受け取ることに、情熱を燃やしたい(笑)。

 

 

 

冒頭写真は、進行中物件で検討中のフロアタイルのサンプル。

今週末、来週末のお打合せに向けて、続々と各種メーカーさんから届いてきています。

 

床材というと、フローリング、タイル、クッションフロア、

ビニル系床タイル、カーペット、様々あります。

あまり出番は多くないかもしれませんが、

最近、写真系SNSの流行でよく聞かれるようになたのが、

“ビニル系床タイル(フロアタイル)”ではないでしょうか。

東リ フロアタイル

 

 

その名の通り、

ビニル系の素材で作られた、床に施工するタイルです。

サイズ、デザインも様々で、とても意匠性が高いです。

 

↓フローリング柄。フローリング(木)に見えますが、ビニルタイルです。

東リ フロアタイル

画像出典:https://www.toli.co.jp/

 

 

↓タイル柄。

東リ フロアタイル

画像出典:https://www.toli.co.jp/

 

 

↓タイル柄。モルタル系、コンクリート系、人気です。

東リ フロアタイル

画像出典:https://www.toli.co.jp/

 

 

↓タイル柄。四角だけでなく、多角形、三角系もあります。

東リ フロアタイル

画像出典:https://www.toli.co.jp/

 

 

■ビニル系床タイルのメリット


・高い意匠性

・本物のタイルに比べ、安価・冷たくない・固くない。

・耐水性

・お手入れのしやすさ

・土足に対応(物に寄りますが)

 

 

■ビニル系床タイルのデメリット


・(デザインによっては) 滑りやすい。(脱衣室など注意が必要。)

・経年変化による収縮で、目地が空く(開く)事もある。

・耐水性はあるが、目地部分には耐水性はない。

・ビニル素材=天然物ではない。

 

 

■YUNO Interior Design的、フロアタイルの使い方


個人的にオススメなのは、土足で使用する店舗。

フローリングだと傷みやすい、タイルだと割れる可能性がある…。

そんな時に、高いデザイン性と、ある程度の耐久性がある、

フロアタイルは、良い選択肢だと思います。

 

 

店舗や自宅サロンをお考えの方、

自宅のリフォーム・模様替えをお考えの方、

お気軽に、お問合せください。

■お問合せページは、【こちら】

■実例ページは、【こちら】

 

    • 過去ブログはこちら