YUNO Interior Design

blog

『ここはおフランス?』ヨーロッパを感じる住まい、現場打合せへ。

ブログ 2021.05.24

コンサバトリー インテリア タイル床

 

「ここは、おフランス?」

 

先日、御新築住宅のお打合せで、建築現場へ伺いました。昨年からお打合せをしているN様邸。だんだんと完成が近づいてきています!

 

冒頭写真のコンサバトリー、床は本物のタイル。正面の造作建具(ドア)は、ブルーグレーに塗装予定。そして、アイアンのカーテンレールに、カーテンをブレイクスタイル(裾を引きずるスタイル)で取り付け予定。本当に、ディテールまで大切にされるN様らしい、素敵な空間に仕上がる予定です。ここで外のお庭を眺めながらお茶をする時間、至福ですね♡

 

 

 

モールディング 腰壁

 

1階は、壁にモールディングを施工し、腰壁インテリアに。図面と睨めっこしながら考えた寸法、素敵に施工して頂き感謝です!この壁が塗装されると、なお一層、素敵になること間違いなし!(モールディングは、みはし株式会社さんのもの)

 

 

 

ボールト天井 アール天井 廊下 インテリア

 

そして、1階の廊下はヴォールト天井。アーチ型の曲面天井です。ヨーロッパ建築などで、見かけることが多いです。こちらも、お施主様のこだわりポイント。塗装され、照明が入ると、本当にヨーロッパのクラシカルな住宅の様な雰囲気になりそう!

 

 

建築会社さん、設計事務所さんなど、様々な所でご建築されるお客様からご依頼を頂いています。コーディネーターさんがいらっしゃらないケースも多いです。内装をこだわりたい、相談しながら進めたい、“生活提案”してほしい、など、ただ住めればいいだけではなくて、住まいに+‪α‬を求められる方、ぜひ一度、インテリアデザイナーやコーディネーターの活用をご検討してみてください(^-^) 費用はかかりますが、長く住む場所・毎日の生活が、より快適なモノになると思いますよ!

 

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

▼お問合せは、【こちら】

▼サービス内容&料金は、【こちら】

▼インテリアデザイン実例は、【こちら】

▼インテリアデザイナーの自宅建築記録は、【こちら】

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

    • 過去ブログはこちら