YUNO Interior Design

blog

『あなたのゴールはどこですか?』 ゴールから考える、住まいづくり。

ブログ 2022.02.15

ドラゴン柳 クッション ウッドブラインド

 

おはようございます。

2月も半ばとなり、少しずつ春を感じることが増えてきました。庭木の枝先に、少しずつ膨らんできた木の芽。少しずつ春へと移り変わる陽の光。季節の移り変わりがあることに、感謝せずにはいられないこの頃です。

 

今朝は、オンラインで学びの場に参加させて頂きました。そこで伺ったお話の一つが、住まいづくりにも深く通じる部分があると思い、シェアさせて頂きます。

 

 

あなたは、何が得たいのか


私たちが何かを達成したいと思う時、考えるべき3つのポイントがあるそうです。それは、①ゴール(ビジョン・夢)  ②現在地(自身の現状)  ③現在地からゴールへ行く方法、の3つ。とてもシンプルで明快ですが、実行・実践できているかというと…です^^;

 

そのうちの一つ、ゴールについて。ゴール(ビジョン・夢)は、『本当のところ、あなたは何を求めているのか?』という質問によって、問う事ができます。そして、『なぜそれを求めている?』という問いで、さらに深く自分のゴールを理解することが出来ます。

 

 

ゴールは、死に方。死に方は、生き方。


人生において、『ゴールは、死に方である』という、お話がありました。どんな風に過ごし、どんな人たちに囲まれて、どんな風に命を終えていきたいのか。命の終え方は、その人の人生の集大成です。生きてきた結果です。言い換えるならば、死に方は、生き方である。どう死ぬかは、どう生きるかである。という事なのです。

 

 

住まいも、ゴールから考える


『住まいにも、まったく同じことが言える!』と思いながら、お話を伺っていました。「どんな人生を送りたいのか?」から、住まいを考えるということです。人生の在り方と、住まいは、直接的には関係ない様に感じるかもしれません。ですが、一日一日の暮らしの積み重ねが、積もり積もって人生を形成していくのです。

 

「毎日どんな風に過ごしたい?」「どんな気分で暮らしたい?」「家族とは、どんな時間をすごしたい?」「どんなことをして過ごしたい?」「将来は、どんな風になりたい?」「どんなことを楽しみたい?」…。その想いをコンセプトとしてまとめ、“暮らし”や“住まい”に落とし込んでいくのです。そんな想いをベースとした住まいで日々過ごすことは、自身や家族の毎日を、人生を、前へと推し進めない訳がないと思っています。

 

想いを明確にすることで、自分たちに合った予算、間取り、レイアウト、動線計画、インテリア、設備機器、照明計画、内装計画、収納計画などが、決まっていくのです。想い無き計画は、まったくの無意味だとも思います。その場の限りの流行や、表面的な考えでは、本当に自分たちに合った、住まい。自分たちの未来を、望むものへ導いていく住まい、という物を作るのは、難しいと考えます。

 

 

まずは、ゴールを明確にすることから


まずは、自分を知ることです。

決して、設備メーカーのスペック比較、オシャレな壁紙の品番検索、映える家具探し、収納グッズ探し、SNSでのオシャレなマイホームアカウントをフォローすること、誰かの家に勝つことではありません。自分と、家族の想いを、明確にすること。自分たちが、何を求め、どこに行きたいのか、知る事だと思います。

 

コーヒーを淹れ、白い紙とペンを用意する。どうなりたい?どうありたい?どんな気分で過ごしたい?初めは出てこないかもしれない。書けないかもしれない。でも、もし、自由に何でもできるとするならば、どうでしょうか?実際問題、予算や土地の大きさなどの制約条件があるでしょうから、100%すべてを叶えることは難しいかもしれません。でも、まずは、自分や家族を知る為にも、自由に色々と書き出してみてください。そしてその想いを大切に、軸として、お家づくり・お部屋づくりを始めてみてください。そしてまた、家づくり・部屋づくりの最中で迷ったり、夫婦喧嘩することがあれば、その紙を見返してみてください。「ぶれてないかな?」と確認してみてください。

 

少しでも、参考になれば幸いです^^

 

 

 



[無料] インテリアカウンセリングサービス 開始!

\完全オンライン対応/

\30分の無料カウンセリング/

\インテリア・暮らしの相談が出来る/

詳しくはこちらから⇒[サービス詳細]



 

    • 過去ブログはこちら