YUNO Interior Design

WORKS

『 Life Laboratory -暮らしの実験室- 』

新築住宅 2021.01.05

Concept:『Life Laboratory -暮らしの実験室- 』

「イエはハコ。中で何が生まれて、中で何を生むのか。」

人、モノ、コト、本、知識、自然、季節、変化…。

それらに出会い、気付き、見え、ひらめき、つながり、そして生まれる。

自分が、家族が、仲間が、地域が、自然が、少し前に進む明日のために。

小さな化学反応が起きる。

そんな、暮らしの実験室を作りたい。

 

インテリアデザインの仕事をしていて思うのです。

空間を、いくら美しく、素敵に整えたとしても、それは“ハコ”でしかないのです。その“ハコ”単体では、あまり意味を持つことは無くて。その“ハコ”を、いかに快適に、有意義に使ってもらうか。そして、その“ハコ”に散りばめた工夫や想いが、暮らす人の、その家族の、その仲間の、その地域の明日に、どう貢献できるのか。そんな事を考えながらデザインした住宅です。

 

 

 

リビングダイニングキッチン。

オーク無垢材の床。

塗り壁。

赤松のルーバー天井。

素材感をしっかりと感じ、

素朴でありながら、

上質なインテリアを演出しています。

 

 

 

程よくゾーニングされた、

リビング/ダイニング/キッチン。

同じ空間にても、

程よく距離が保たれ、居心地の良い距離感です。

 

 

 

キッチンの床は、セラミックタイル。

60cm×30cmの大判タイルが、

少しハンサムで、モダンな印象です。

キッチンやダイニングの床をタイルにしたのは、

水が跳ねたり、何かをこぼしても、

掃除やメンテナンスが楽なこと。

 

 

 

ダークグレーのタイルが、空間を引き締めてくれます。

 

 

 

床と合わせ、

IH横の壁も、同じタイルで施工。

 

 

 

 

 

リビングの床は、オークの無垢材。

グレイッシュなカラーと、オーク材特有のワイルドな木目が、素直に好き。

このフローリング、21mmの厚みがある無垢材です。

素足で歩くと、少し反っているのを感じます。

それも、無垢材ならでは。

そんな足裏の間隔も嬉しい、床材。

 

 

 

ルーバー天井。

赤松の集成材を用いています。

釘一本も見えない仕上げは、

大工さんのご苦労あってこそ。

ルーバー天井があることで、

陰影、奥行き感が生まれ、

不思議な居心地の良さを感じます。

 

 

 

ルーバー天井。

ウッドブラインド。

直線。

均一。

等間隔。

 

 

 

照明は、極力天井から取らない事を意識しました。

ルーバー天井が美しく見えるよう、

間接照明やペンダントライト、

ブラケットやフロアライトを使用しています。

 

 

 

全長約7メートルのコーブ照明。

ハイパワータイプの照明を使うことで、

主照明として、十分な明るさです。

また、しっかりと光が広がるように、

光の出口(開口)を大きくとったり、

反射用に白ベニアを施工するなどの工夫も大切です。

 

 

 

ダイニング上は、ペンダントライト。

 

 

 

同シリーズ、

サイズ違いの2灯吊り。

ダイニングのテーブル面から、

あまり高くなりすぎない位置に吊るのが、

明るさを確保し、

バランスを取るのにも有効。

 

 

 

少し暗がりが出来る、部屋の隅。

そこには、ブラケットライトを。

これも、低め(高さ1.5m)に設けることで、

よりリラックスした印象になります。

 

 

 

コンセントに差して使う、フロアライト。

低位置の灯りは、無条件に癒しです。

 

 

 

LDKの入口に、ファミリーライブラリー。

家族の本をしまったり、

季節の飾りをディスプレイしたり。

家族みんなの、図書館。

 

 

 

寝る前に1冊、ここらか本を持ち、

寝室で子供と読むのが日課。

 

 

 

廊下は、ギャラリーのように。

旅先で買ったポストカードや、

子供の描いた絵を額装して。

 

 

 

ピクチャーレールを取り付けて、

集光ダウンライトを組み合わせるだけで、

一気にギャラリーに。

 

 

 

基本的に、壁は左官仕上げ。

 

 

 

和室の壁には、

藁を入れ、アクセントに。

 

 

 

洗面スペース。

 

 

 

白で揃えた洗面スペース。

シンプルなタイルも、

貼り方(目地の取り方)を変えると、

如何様にも印象が変わります。

 

 

 

実例紹介、最後までご覧頂き、ありがとうございました!

冒頭にもありましたが、【住まいはハコ】。

どんな毎日を送りたいのか。

どんな暮らしをしたいのか。

どの様に家族と過ごしたいのか。

どんな人になりたいのか。

どんな人生を歩みたいのか。

言葉で書くととても壮大な話ですが、

でもいつも、こんな事を考えながらデザインをします。

毎日を過ごす空間をデザインすることは、

その人の人生を作る大きな要素の一つだと考えます。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

 

建築中の様子を描いたコラム↓↓

『建築夫婦の家づくり記録』

 

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

インテリアデザイン実例。(Works)

https://yunointerior.sakura.ne.jp/works/

 

“堀内詩織”って、こんなひと。(Instagram)
| https://www.instagram.com/shiori.horiuchi

 

サービス内容・料金(Service)

https://yunointerior.sakura.ne.jp/service/

 

“建築夫婦”の家づくり記録。(Columns)

https://yunointerior.sakura.ne.jp/columns/

 

お問合せ・ご依頼。(Contact)

https://yunointerior.sakura.ne.jp/contact/

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△